京都宇治観光案内

転送コム

特集|左:チャチャ王国のおうじちゃま 公式プロフィール

特集|左:宇治茶大好き大使 “抹茶ーず。”Berryz工房の熊井友理奈さんと℃-ute鈴木愛理さん。公式プロフィール

法人のお客様へ
ご用途や送り先にあわせて納品いたします。京都宇治土産.comへ、商品のご選定などもお気軽にご相談ください。


京都宇治抹茶 こだわり五ヶ条

特集|左:奥山和由氏連載コラム「京都をつくる、京都土産」

京都宇治のご紹介

京都駅から宇治まで快速17分

  1. トップページ
  2. 名店紹介
  3. 京そうざい オノウエ

名店紹介

京そうざい オノウエ -物に心をこめると惣になる。昔懐かしい母の味

京そうざい おたべやす -葵-

京そうざい おたべやす ‐葵‐

京そうざい おたべやす ‐葵‐

価格:
¥3,200 (税込)
容量:
れんこん金平×1、豆ひじき×1、ちくぜん煮×1、筍土佐煮×1、おかず豆×1、生芋こんにゃくピリ辛×1、ぜいたく煮×1
(季節によりセット内容が変更する場合があります)

オノウエ定番のおそうざい7種類を詰め合わせました。

  • 京そうざい オノウエ
    集められた新鮮素材。地元産にこだわります。
  • 京そうざい オノウエ
    湯葉は京都の代名詞。オノウエでも人気のお味の一つ。
  • 京そうざい オノウエ
    吹き寄せ。紅葉の形にカットするのも京都風。
  • 京そうざい オノウエ
    京都のお母さんが作る、“飾らない”真面目な京そうざい。
  • 京そうざい オノウエ
    社長の娘さんが描いたオノウエのプロモーション。惣菜愛がたっぷり。

おふくろがつくる飾らない京そうざい

昭和49年創業、私で2代目の手づくり京そうざいの店です。
じつはこの仕事を父が始めたきっかけは、父の母、私の祖母のおかげなんです。
父は京都の中央卸売市場の中にある佃煮専門店に勤めていました。
で、ある日父が、母親が作る『たたきごぼう』がとても美味しいと、家庭ではあたりまえに食べられている京そうざいだけど、お客様には喜んでもらえるんじゃないかとピンときまして、そのレシピというか作り方を聞いて、中央卸売市場の端っこでコッソリ売りました。
もう家庭の味というかおふくろの味そのままです。おふくろの普通のレシピですから(笑)。
すると、これがえらい評判になりまして、美味しい美味しいと毎日売れる。それならばこれを商売にしようと思って立ち上げたのが『京そうざい オノウエ』です。
私たちが作っているのは、あたりまえのように京都の家庭で食べられているお惣菜です。
だからこそ、自分の家族と食べたいような安心で安全な素材を使うことが大切だと思っているんです。そのため、素材はできるだけ国産のもの、お酢やお醤油などの調味料は地元のものを使うようにしています。
たとえば、『うの花』のおからは京都産で、『豆ひじき』の豆は国産大豆です。
また、作り方にも気をつかっていることがあります。
素材の持つ『味』『香り』『色彩』を活かすこと、そして素材の『歯ごたえ』や『食感』を残すこと。これらは京都のお惣菜づくりに欠かせない要素です。
たとえば、大豆は惣菜業界では蒸すのが普通ですが、うちでは家庭と同じように時間をかけて水戻ししてからボイルしています。山椒は春に採った青いまま保存しておいて、味醂そしてお醤油だけで炊いています。『牛すじこんにゃく』は同じ宇治商工会議所で仲間の京都ぽーくさんに紹介してもらった国産の牛すじと、生芋から作ったこんにゃくを使っているんです。(一般的なこんにゃくは乾燥した粉末の芋粉からつくります。)
つまりお手本は京都で昔からお母さんたちが作り続けてきてくれた家族のための料理なんです。私たちは手を抜かず正直に丁寧に、そういった家庭の京そうざいを作っているだけなんです。

京都の文化をできる限り守りたい

もとは父が思いつきで始めた『たたきごぼう』ですが(笑)、私は食べることをとおして、京都の文化を出来る限り守りたいと思っています。
四季の移り変わりがきれいな京都では、昔から季節感を大切にします。しかし、今は季節に関係なく色々な野菜が手に入ったりと、季節を感じることが少なくなってきているように思います。だから、今まで以上に季節感を出していきたいと思っているんです。
春は七草、そして筍。夏はオクラにきゅうり、ずいきが美味しいです。秋は芋などの根菜、やはり京都といえば海老芋でしょうか。冬は大根に蕪、そして葱。こんな季節感のある素材を調理して、京都らしい、京文化らしいお惣菜をこれからも作っていきたいです。
それから、社内の壁に飾ってある絵は、うちの娘が『京そうざい オノウエ』を皆さんに知ってもらおうと描いた絵です(笑)。安全な国産素材をできるだけ使って真面目にやっていることだけは、わかってくれているみたいです(笑)
これからも地元のお客様にも、そして自分の子供にも、胸を張って自慢できる京そうざいをドンドン作っていきたいと思っています。

名店概要
店名
京そうざい オノウエ
住所
京都市中京区西ノ京南両町119
TEL
075-366-6390
FAX
075-366-6391
営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜・祝日
※京都卸売市場の休場日に準じます
取扱商品
京のおばんざい全般 京惣菜 京佃煮 他
メッセージ
当社は昭和49年創業、誠意・創意・熱意の社訓のもと素材と風土を活かした惣菜の製造卸として、関西から東京横浜方面へ業務用卸を中心に展開してきました。
さらに平成8年には新工場の建設と独自の衛生管理システムの開発・導入で個装商品製造によりで販路拡大し、「手作りのお惣菜」を「安全」に、「おいしく」食べていただけるよう、日々努力しています。
「京そうざい」は古より御所では町屋の家庭料理を”おばんざい”と言って、親しんでいました。オノウエの京そうざいは京の風土が育てた伝統的な材料を厳選して、昔ながらのやり方で手作りしています。どうぞ、ご賞味ください。

お買い物ガイド

  • ご注文方法

    インターネットのほか、電話・FAXでもご注文を受け付けています。
    ・電話:
    0774-23-3101
    ※受付時間内(平日9:00~17:00)に上記へご連絡下さい。
    ・FAX:
    0774-24-6930
    ※所定の注文用紙に必要事項をご記入の上、送信してください。

    ご注文方法について

  • お支払方法

    お客様にあった決済方法をお選び頂けます。(クレジットカード・代金引換・郵便振替・銀行振込・Payeasy

    使用可能カード・コンビニ決済一覧

    お支払方法について

  • 商品のお届け

    お届けの希望時間帯は(午前中)・(12~14時)・(14~16時)・(16~18時)・(18~20時)・(19~21時)でご指定いただけます。天候や交通事情などによりご希望の時間帯にお届けできない場合もございます。

    お届けの希望時間帯

    商品のお届けについて

  • 商品のキャンセル・返品

    郵便振替・銀行振込・コンビニ決済・Payeasy決済の場合、お振込前でご注文後7日以内であれば、キャンセルが可能です。

    また、破損・不良品などがございましたら、送料・手数料ともに弊社負担で早急に新品をご送付致しますので、当店までご連絡下さい。

    なお、お客様のご都合による返品の場合は、商品到着後7日以内に、事前にお電話でご連絡の後、当社へご返送下さい。

    ※送料・手数料はお客様のご負担となります。また、食品など賞味期限の都合上、返品をお受けできない商品もございます。

    キャンセル・返品について

営業日カレンダー

  • 商品の配送料金

    全国一律 常温便 ¥500 クール便 ¥800

    ¥5,000(税込)毎に1店舗分の送料無料!
    ※追加料金 北海道(離島除く)¥400 沖縄県・離島 ¥800

    送料について

  • 運営会社

    販売業者:宇治商工会議所 所在地:〒611-0021 京都府宇治市宇治琵琶45-13
    TEL:0774-23-3101(平日9:00~17:00)

    運営会社について

カテゴリ一覧

ページトップへ